見つけよう!あなたにぴったりの宿泊プラン 青い森の宿帳

旅館小川 (青森市)

津軽エリア

あったか〜い! 
籠りたくなる浅虫温泉で最も小さな湯宿

旅館小川 (青森市)の宿柄

青森駅から電車で20分の浅虫温泉。あまり宿泊サイトにも紹介されていない知る人ぞ知るとっておきの温泉宿がここ。人が好きで、泊まりに来てくれるのが嬉しい。そんな親子が営む旅館は、足を踏み入れた瞬間にほっとする不思議なあたたかさを持つお宿。ひたすらお風呂に入って、ご飯を食べて、寝てを3、4日繰り返す「お籠り」をするお客さんもかなりいらっしゃるとのこと。なんか納得です。

宿の魅力

  • 朝寝坊しちゃう人が続出するほっとくつろげるお部屋
  • 10名様からの旅館貸切プランもあり。家族みんなで集まるのに最高
  • 海水浴やウインドサーフィン、ヨット、釣り、森林浴、湯治以外にもあるいろいろなレジャー
  • こだわりのデザインが魅力のラウンジ&楽しい工夫で増改築されたお部屋やお風呂

そこがいいとこなんだけどね!

宿のちょっとした ウィークポイント

本当はエレベーターなどをつけたいのですが、なかなか旅館が小さくつけられておりません。足の痛いお客さまなどご要望がありましたら、お料理をお部屋に運びますので、遠慮なくおっしゃってください。

若女将 小川 嘉奈子さん

女将の仕事をお母さんからお姉さん、お姉さんから自分に、と引き継いできたという若女将の嘉奈子さん。「姉がとても厳しかったのですが、だからこそ、いまいろいろとやっていけると思っています」とおっしゃいます。「今でもお姉さんが帰ってくると、なんだかいろいろと見られているようで緊張します」
「私は浅虫温泉は海があって、山があって、温泉があって最高だと思うんですよね」と若女将。泊まってくださったお客さまが「すごくよかったよ」と言ってくださったり、「朝、寝坊しちゃった」「よく寝ちゃった」というのはとても嬉しいと笑顔で話してくれました。「せっかくの温泉旅行、ぜひ、ぐっすりと朝寝坊してください」

働く人だから知る宿の魅力

  • 朝に出る昆布茶は四国から取り寄せたもの。女将自ら旅して見つけた昆布茶。朝一番に出るこのお茶を飲むと前の晩にお酒を飲んでいてもスッキリする
  • 宿の真横を流れる浅虫川。季節によってはカニや白鳥が遊びに来る
  • 青森の本当にいい食材を使ってつくる贅沢すぎない料理

こんな人におすすめ

  • とにかく温泉に入ってゆっくりと朝寝坊したい人
  • 朝からビールでも飲んでゆっくりごろごろしたいと思っている人
  • 海水浴や森林浴、釣りなど家族で温泉とレジャーを楽しみたいと思っている人

こんな人にはもしかしたら
ちょっと向いていないかも…

  • 無機質なビジネスユースを求めている人
  • 都会的な洗練された宿を求めている人

おすすめプラン情報

旅館小川 (青森市)

【1日4組限定】小さな宿だからこそできる心をこめたおもてなし~青森のんびり満喫プラン~

津軽エリア

おすすめポイント1

◎「青森の味」を活かした自慢のお料理◎
青森県産の新鮮な食材をいろいろに味わっていただきたく、明るい女将と若女将が腕を振るってお料理をご用意しております。当館自慢の「りんごとホタテの焼きグラタン」は、特におすすめの一品です。
お魚が苦手なお客様には代替え料理を、小さなお子様にも楽しんでいただけるよう「お子様メニューもご用意しております。どうぞお気軽にご相談ください。

◎青森の地酒とのマリアージュ◎
新鮮な肴に、青森が誇る美味しい地酒やお飲み物をご一緒にいかがでしょうか。
雪国の美味しいお水とお米、厳しい風土が育んだ、味わい深い青森の地酒を当館ではご用意しております。旬の素材を使ったお料理と一緒に、ぜひお楽しみください。

おすすめポイント2

◎小さな宿だからこそできる贅沢◎
1日4組限定ですが、当館では10名様から全館貸切でのご宿泊も可能です。他のお客様に気兼ねすることもなく、2次会サロンのほか、総ヒバ作りの浴室「いやしの湯」、タイル浴室「オリエンタル風呂」などをご利用いただけます。お気軽にご相談ください。
小さな宿だからこそできる、心をこめた家庭的なおもてなしと贅沢をご堪能ください。

宿泊施設プロフィール
施設名 旅館小川 (青森市)
住所 青森市浅虫山下280
電話番号 017-752-3202